ロッド


シーバス釣りに適した専用ロッド

シーバス釣りは軽いロッドを使おう

シーバス釣りではどのようなロッドを選べばいいのかを考えてみましょう。

シーバス釣りでも他の釣りでもそうでうすが、なるべく重くないタイプのロッドを
選ぶことが大切です。

よくロッドを振る釣りをするなら振る時に腕に付加がかからないようにすることと、
持ち重りを減らすことが軽いタイプのロッドを選ぶ理由です。

持ち重りで腕に付加がかかり、いざ釣り上げようとした時に疲れて力が入らない、
なんてことになったら元も子もありません。

特にシーバスはエラ洗いをする獰猛な部類に入る魚ですので、
ロッドは軽量かつしっかりとした強度のあるタイプを選びましょう。

シーバス釣りのロッドの素材は、カーボンを選ぶといいでしょう。

カーボンという素材は軽いですし、なおかつ強度もあります。

ロッドの長さは個人によって使いやすさの感じ方が違いますので
一概には言えませんが、8から10フィートの間が平均です。

高価なロッドを買う必要はありませんが、安いロッドはそれなりの質ですので、
自分の懐具合と相談して、使いやすいロッドを選びましょう。

シ-バス釣り道具の揃え方

● ロッド

カーボンファイバーとグラスファイバー製のものがあります。

シーバス釣りでは何度もキャストするため、軽いカーボンファイバーが好まれています。

長さはフィールドによって選びます。

基本的に狭いフィールドや障害物の多い場所では短めのロッドを、
防波堤やサーフなどは飛距離を必要とするので、長いロッドを使用します。

● リール

ルアーフィッシングですので、スピニングリールを使用します。

● ライン

ナイロン、フロロ、PE製のラインがあります。

初心者でも扱いやすいのはナイロン製です。

価格も安く、人気がありますが劣化しやすい面もあります。

反面、PEは感度も高く、劣化しづらいのですが、高価で扱いづらく、
上級者向けのラインとなっています。

● ルアー

魚や虫などに似せた疑似餌です。多数の種類があり、
初心者はルアー選びに苦労するようです。

どのルアーが自分が向かうフィールドで最適なのか、頭を悩ませることも
シーバス釣りの楽しみの一つになるでしょう。

● スナップ

ラインとルアーの接続で使用します。ロストしてしまうこともあるので、
余分に用意しておくといいでしょう。

タグ

最新情報