ルアーフィッシング


キャスティングの方法

キャスティングのテクニック

ルアーフィッシングで使用されるキャスティングのテクニックは色々ありますが、
ここでは代表的なものをご紹介します。

■ オーバーヘッドキャスト

キャストの基本中の基本です。初心者はまず、このキャストをマスターする
必要があります。

コントロールをつけやすく、安全性が高い方法ですが、着水音が大きいので
魚に警戒心を抱かせてしまうこと、周囲に障害物があると引っかかってしまう
デメリットがあります。

アクションとしては、目標に向けてロッドを正面に向け、脇をしっかりと
締めて肩の力を抜き、頭上からロッドを振り上げて、キャストした瞬間に
ラインから指を離します。

■ サイドハンドキャスト

真横にロッドを振る方法で、真上や後方に障害物があってオーバーヘッドキャストが
難しいときや、目標の上方に障害物があるときに使用します。

向かい風が強い日は、この方法を活用するとうまく狙ったポイントへ落とせます。

アクションはオーバーヘッドキャストと同じく目標に向けてロッドを正面に向け、
脇をしっかりと締めて肩の力を抜き、ロッドをやや斜め上に振り上げ、ラインを離します。

■ バックハンドキャスト

サイドハンドキャストは利き手側にロッドを振りますが、バックハンドキャストは
利き手の反対側へ振ります。

そのため、コントロールが非常に難しいですが、フィールドが狭い場合に活用すると、
大きな助けになるでしょう。

アクションはサイドハンドキャストとほぼ同じで、ロッドを利き手側と反対側へ
振り出し、ラインを離します。

■ ピッチング

手首のスナップをきかせながらキャストする方法で、ピンポイントを狙い、
着水音をおさえることができます。

ただし、近場を狙うキャスト方法なので、せいぜい10mくらいまでの範囲で使用します。

アクションは、ラインをロッドの長さよりも短く出し、目標に向かってロッドを向け、
ルアーを手前に引いてロッドをしならせます。

このしなりを利用し、ルアーを離すと同時に手首のスナップを利かせてポイントに
落とします。

シ-バス釣り道具の揃え方

● ロッド

カーボンファイバーとグラスファイバー製のものがあります。

シーバス釣りでは何度もキャストするため、軽いカーボンファイバーが好まれています。

長さはフィールドによって選びます。

基本的に狭いフィールドや障害物の多い場所では短めのロッドを、
防波堤やサーフなどは飛距離を必要とするので、長いロッドを使用します。

● リール

ルアーフィッシングですので、スピニングリールを使用します。

● ライン

ナイロン、フロロ、PE製のラインがあります。

初心者でも扱いやすいのはナイロン製です。

価格も安く、人気がありますが劣化しやすい面もあります。

反面、PEは感度も高く、劣化しづらいのですが、高価で扱いづらく、
上級者向けのラインとなっています。

● ルアー

魚や虫などに似せた疑似餌です。多数の種類があり、
初心者はルアー選びに苦労するようです。

どのルアーが自分が向かうフィールドで最適なのか、頭を悩ませることも
シーバス釣りの楽しみの一つになるでしょう。

● スナップ

ラインとルアーの接続で使用します。ロストしてしまうこともあるので、
余分に用意しておくといいでしょう。

シーバス釣りの楽しさ

シーバス釣りの人気がある理由

まず一つ目はゲームフィッシングである、ということです。

ただいたずらに竿を振っていれば釣れるはずはなく、頭を使ってシーバスの居所を推理し
身につけたテクニックで釣り上げるという、ゲーム的な楽しさがあるからです。

近年はルアーフィッシングの人気が高まり、
海のルアーフィッシングの対象魚としてはシーバスが最もポピュラーな魚です。

シーバスは食欲旺盛で、ルアーの動きに騙されて追いかけて襲い、
食いついた後は激しい引きを見せます。

パワフルなファイトを見せる魚だからこそ、初心者でも夢中になってしまう
魅力があるのです。

そして、磯や河口、海岸線など、身近なエリアで楽しめるということも
人気を後押ししている原因の一つです。

ルアーの魅力にハマる

ルアーは魚や虫に似せた疑似餌に過ぎませんが、あなたがロッドを通して
ルアーに「まるで生きているような」動きを与えることで、
ブラックバスは本物のエサと勘違いしてガブリと食いつきます。

ルアーの種類も一通りではなく、過去の釣り人たちが知恵を絞り、
工夫を加えたルアーがたくさん存在します。

そのルアーの特性に合わせ、様々な動きを与えますので、利用方法は無限大
と言ってもいいほどです。

こうしたテクニックを磨き、自分自身の釣法を確立することも、シーバス釣りの魅力です。

タグ

最新情報