ルアー


ラインの結び方を極める

結び方を覚えよう

ラインはルアーを狙ったポイントへ落とし、ルアーにアクションを与えてくれる
重要なタックルです。

材質も重要な要素にはなりますが、ラインの結び方を覚えることは基本中の基本です。

以下に様々な結び方の紹介をします。

■ ユニノット

基本の結び方です。
結び方も簡単で、強度も安定しています。

■ クリンチノット

ルアーを結ぶために使われる。

■ パロマーノット

ジグを結ぶときによく使われる。
強度はとても高い。

■ フリーノット

小型ルアーを結ぶときに便利。
ただし、フックが絡みやすい。

ラインシステムについて

ラインを普通結ぶと、結合部で切れてしまいます。

そのため、しっかりとしたラインシステムを作る必要があります。

様々な結び方をマスターすることにより、タックルを強化できるので
キャストの際に飛距離を伸ばせたり、水中でのラインの抵抗が少なくなります。

ユニノットのような簡単な結び方でも十分な強度を得られるので、
うまく結べるように練習をしてみてください。

ルアーの特徴と使い方

シーバス用の主なルアー

● ミノー・プラグ

シーバス釣りでよく使用されるのが、このミノー・プラグです。

このルアーは小魚の形をしており、本物そっくりにできています。

フローティング・シンキング・サスペンドなど、
水表から水底まで探れるタイプが揃っています。

リトリーブ(引き)次第で、様々なアクションを生み出せます。

● トップウォーター・プラグ

「トップウォーター」とは水面のことです。

シーバスが小魚を追って水面近くにやってきているときに力を発揮してくれます。

リトリーブすると水面で小魚が跳ねているような動きを見せます。

● バイブレーション・プラグ

シーバス釣りでは主に、水中に沈むシンキング・タイプを使用します。

小魚型のルアーの内部には「ラトル」という玉が入っており、
リトリーブすると水の抵抗によりボディがバイブレーションを起こし、
内部でラトル音を出してシーバスを引き寄せます。

● メタルジグ

金属製の魚の形をしたルアーです。このルアーは重さがあるので、
深場を狙うときに使用します。

また、潮の流れが早いときや風が強い日にも重宝します。

● ソフトベイト

合成樹脂やラバー製の柔らかいルアーの総称で、
ミミズやゴカイ類を模した「ワーム」という形や、
その他昆虫やザリガニ型のものもあります。

特徴としては、ハードルアーでは出せない自然な動きを演出でき、
根がかりも少ないことです。

なお、ソフトベイトは単体では使用できず、
ジグヘッドなどにセットして使用する必要があります。

ハードルアーが釣れないときに使用すると、爆釣することもあるようです。

シ-バス釣り道具の揃え方

● ロッド

カーボンファイバーとグラスファイバー製のものがあります。

シーバス釣りでは何度もキャストするため、軽いカーボンファイバーが好まれています。

長さはフィールドによって選びます。

基本的に狭いフィールドや障害物の多い場所では短めのロッドを、
防波堤やサーフなどは飛距離を必要とするので、長いロッドを使用します。

● リール

ルアーフィッシングですので、スピニングリールを使用します。

● ライン

ナイロン、フロロ、PE製のラインがあります。

初心者でも扱いやすいのはナイロン製です。

価格も安く、人気がありますが劣化しやすい面もあります。

反面、PEは感度も高く、劣化しづらいのですが、高価で扱いづらく、
上級者向けのラインとなっています。

● ルアー

魚や虫などに似せた疑似餌です。多数の種類があり、
初心者はルアー選びに苦労するようです。

どのルアーが自分が向かうフィールドで最適なのか、頭を悩ませることも
シーバス釣りの楽しみの一つになるでしょう。

● スナップ

ラインとルアーの接続で使用します。ロストしてしまうこともあるので、
余分に用意しておくといいでしょう。

タグ

最新情報