スピニングリール


シーバス釣りに適した専用リール

シーバス釣りではスピニングリールを

シーバス釣りで使用するリールの選び方について解説していきます。

まずリールにはスピニングリールとベイトリールがあります。

シーバス釣りではスピニングリールを使用します。

スピニングリールは巻き取り量も多く使いやすいリールです。

リールには海水用のタイプと淡水用のタイプがありますので、
シーバス釣りするなら間違えて淡水用を買わないように注意しましょう。

淡水用を海釣りで使うと塩でさびちゃいます。

大きさはだいたい2500番から3000番の間がいいでしょう。

番号が大きくなるにつれてリールも大きくなるのでパワーも上がりますが、
当然重さも加わってくるので大きすぎると使いにくいです。

シーバス釣りの場合はある程度のパワーが必要ですので、
重すぎず軽すぎない2500番から3000番あたりが主流です。

シ-バス釣り道具の揃え方

● ロッド

カーボンファイバーとグラスファイバー製のものがあります。

シーバス釣りでは何度もキャストするため、軽いカーボンファイバーが好まれています。

長さはフィールドによって選びます。

基本的に狭いフィールドや障害物の多い場所では短めのロッドを、
防波堤やサーフなどは飛距離を必要とするので、長いロッドを使用します。

● リール

ルアーフィッシングですので、スピニングリールを使用します。

● ライン

ナイロン、フロロ、PE製のラインがあります。

初心者でも扱いやすいのはナイロン製です。

価格も安く、人気がありますが劣化しやすい面もあります。

反面、PEは感度も高く、劣化しづらいのですが、高価で扱いづらく、
上級者向けのラインとなっています。

● ルアー

魚や虫などに似せた疑似餌です。多数の種類があり、
初心者はルアー選びに苦労するようです。

どのルアーが自分が向かうフィールドで最適なのか、頭を悩ませることも
シーバス釣りの楽しみの一つになるでしょう。

● スナップ

ラインとルアーの接続で使用します。ロストしてしまうこともあるので、
余分に用意しておくといいでしょう。

タグ

最新情報