シーバスフィッシング


シ-バスフィッシング~陸っぱり編~

釣り人に大人気の陸っぱり

最近では釣り人口が増えてきたせいか、堤防には釣り人の姿が絶えず、
海釣り用の公園まで整備されてきています。

近場で手軽に釣行ができるので、「明日は天気が良さそうだから、釣りに行くか!」
と急に思い立ってもできることが人気の秘訣でしょう。

陸っぱりで狙うポイント

■ 堤防

構造物の陰や堤防に沿ってシーバスの群れが回遊しています。

海に突き出ている堤防の先端部分は潮の変化が激しく、小魚が群れているときがあります。

小魚の群れを見つけたら、シーバスがやってくる可能性が高いので、その周辺を狙いましょう。

■ テトラポッド

テトラポッドがある辺りは波が大きい場所が多く、シーバスはテトラの隙間に居たり、
テトラの先端ギリギリを泳いでいることが多いです。

根がかりするとルアーが壊れてしまうことがあるので注意してください。

フローティングタイプのルアーを使用するのもいいでしょう。

■ 河川、河口

アユを狙って川を遡上してくるシーバスを狙います。

シーバスはコンクリート造りの岸辺や橋脚を好みます。

また、河口付近では雨で増水し、水に濁りがあるときが狙い目です。

シーバスが釣れないときの対処法

釣れないときこそ、頭を使う

釣れないときは悔しいものですが、こんなときこそ頭をフル回転させ、
シーバスにいかにして食わせるかを考える必要があります。

目論みが当たってアタリがくれば、ゲームフィッシングの醍醐味を感じるでしょう。

■ ルアーを変える

水面を探っても当たらないときは、シンクタイプのルアーで泳ぐ層を変えてみるのも有効です。

また、ハードルアーがまったく役に立たないときは、ソフトルアーにしてみると爆釣する場合が
あります。

■ アクションに変化をつける

リールを巻くだけのアクションではスレたシーバスは食いつきません。

ロッドを鋭く振ってルアーに多彩なアクションを与えると、途端にアタリが来ることがあります。

■ カラーのローテーション

同じルアーばかり使用していると、無反応になることがあります。

カラーをローテーションすることで、食いつきが良くなることがあります。

■ 立ち位置を変えてみる

同じポイントを攻める場合でも、あなたの立ち位置を少しずらすことでキャストする角度に
変化が出てアタリが出やすくなります。

ベイトの位置を探り出す

ベイトがいるところ、シーバスもいる

「ベイト」とはシーバスのような大型魚が捕食する小型の魚のことです。

エサとなるベイトがたくさんいれば、お腹を空かせたシーバスたちも当然寄ってきます。

ですから、ベイトの位置を探り出すことが、シーバスの居所をつかむチャンスに
繋がります。

春にはベイトとなるたくさんの稚魚が誕生しますから、シーバスも
この稚魚たちを追いかけ回しています。

そして秋には弱った小型の魚を狙いますので、季節に合わせた動きを
ルアーに与えると、爆釣が可能です。

シーバスの好物は?

シーバスが好むのはアユです。

アユは川と海を回遊する魚で、成魚は川で生活しますが、稚魚は海に遡上してきます。

そのため、シーバスもアユの動きに合わせて河口付近で稚魚を捕食したり、
川に入ってアユを狙うことがあります。

また、カタクチイワシやボラの稚魚、エビ類も好むようです。

シ-バスフィッシング~ボート釣り編~

安定した釣果を得られるボート釣り

ボート釣りでは陸っぱりではとても届かないような、手つかずのエリアを
狙えたりするので、場所さえ間違えなければ安定した釣果を得られます。

特にブイが設置されている辺りはシーバスの群れが固まっている可能性が高いです。

ボートを近づけ過ぎたり、あるいはシーバスの目の前にルアーを着水させると
警戒されてしまう原因になるので、注意して下さい。

ボートは高い?

このように利点の多いボート釣りですが、陸っぱりで竿を振るのとは違い、
お金がそれなりにかかってしまいます。

専門のシーバス釣り用のボートをチャーターすると、
4時間で30,000~40,000円程度、乗り合いでチャーターできた場合は
1名につき10,000~20,000円くらいが相場のようです。

また、ご自身でボートを出すことも可能ですが、操船しながら釣りをするのは
なかなか大変な作業です。

水の事故には十分気をつけ、救命胴衣を必ず着用してください。

磯でのシ-バス釣り

磯のシーバスはひと味違う

磯でのシーバス釣りは、堤防や河口での釣りとはひと味違います。

磯ではマル(普通のスズキ)よりもヒラスズキが多く釣れ、警戒心が強いため、
海藻の陰や根周りに身を潜めています。

そして磯での狙い目のポイントは「サラシ」です。

「サラシ」とは波のうねりが磯にぶつかってできた白い泡のことで、
ヒラスズキはそこで獲物を待ち伏せしています。

サラシを中心に攻めるとヒット率が高くなるでしょう。

磯釣りの注意点

磯釣りでは足場の悪い場所で釣ることになります。

そのため、救命胴衣を着用のうえ、釣りを楽しんでください。

また、根周りにシーバスが身を潜めている可能性が高いので狙い目のポイント
とはなりますが、根がかりをしてしまいやすいので、
トップウォータープラグのような水面に浮くルアーを使用するといいでしょう。

港湾でのシーバス釣り

港湾でのシ-バス釣りは明暗部がポイント

入門者やビギナーはもちろん、ベテランも十分に楽しめるフィールドが
陸っぱり(港湾)です。

都市部をはじめ、工業地帯の周辺、親水公園、あるいは運河や
都市型河川の河口など、釣りができる場所は結構あるものです。

ただ、私有地や港湾施設は立ち入り禁止なので、柵で囲まれていたり、
“立入禁止”の看板がある場所には絶対に入ってはいけません。

どこも足場がいいので、ジーンズにスニーカーといった軽装で遊べますし、
バッグなども普段使っているものでOKです。

夜は急に冷え込むこともあるので、ジャケットなど羽織るものがあると重宝します。

港湾にはナイトゲームのポイントがたくさんありますが、
特に狙い目となるのが、明かりのある場所です。

明かりに集まるプランクトンを食べようと小魚が集まり、この小魚を捕食するために
シーバスが寄ってくるわけです。

代表的なのは、堤防や橋に設置された常夜灯です。

明かりの周辺に小魚が群れていれば、チャンス大です。

逆に、エサとなる小魚がいなければ、シーバスが回遊してくる可能性は低い
と言えます。

ランカー狙いならリバー

リバーでのシーバスゲームは大物が狙える!

まずランカーを狙いたいのであれば、絶対といっていいほど川です。

理由は簡単です。

考えてみて下さい。

広大な海でエサを捕るのと、幅が決まっている川でエサを捕るのとでは、
どちらが効率的だと思いますか?

間違いなく川ですよね。

しかも、川はエサが豊富でサイズもでかいとなれば、もう言うまでもありません。

ここでいう川とは、河口部、下流部、中流部をも含めた「川」のことです。

シーバスは遡上可能であれば、どこまでも遡上しますが、ランカーは
長く生きている分、賢く、要領よく、よりスマートに生活していると考えられます。

どんな魚でも言えることですが、大型、もしくは、強い魚は、そのエリアで
最も居心地のいいポイントに陣取っています。

サーフのシーバス釣り

サーフは狙い目のシーバスポイント

日本の海岸線は、砂浜、磯、波止で形成されており、特に「サーフ」と呼ばれる砂浜は、
シーバスの高い実績があるポイントです。

このサーフは河川の河口に形成されるのが一般的ですが、砂は粒子が細かく軽いので、
波の流れによって岸に運ばれて形成されるサーフもあります。

サーフは砂浜のほかにも、泥状の干潟、砂利浜、ゴロタ浜があり、
ほかのシーバスポイントに比べると水深が浅いのがほとんどです。

そのため、シーバスを常にストックしておくことができないので、
釣り人は回遊シーバスを狙うことになります。

延々と続くサーフは多くの人が並んで釣れる場所のように見えますが、
実はポイントの見極めが難しく、
高い確率で釣れる場所は限られていることを覚えておきましょう。

サーフのシーバス釣りのポイント

サーフと言えば河口が狙い目ポイント

サーフの代表的なポイントのひとつに「河口」があります。

大規模な河川はもちろんのことながら、涸れてしまいそうな小さな流れ込みで
あったとしても立派なポイントになります。

淡水が流入することによって小魚のエサとなる有機物が流れ込むので、
河口のサーフには小魚が多く溜まります。

その小魚を捕食するために、シーバスが集まってくるわけです。

台風などによって一時的に大量の水が流れ込むと、河口部の底がえぐられたり、
あるいは堆積物によって地形の変化になります。

もっとも、大水は地形を大きく変えてしまい、それまで釣れていたポイントが
消滅してしまうこともあります。

河川の流入がないサーフで一番メジャーなポイントが「カレント」です。

これは「流れ」を意味し、釣りにおいては「離岸流」のことを指します。

離岸流とは、岸に打ち寄せた波が沖へ帰る道筋のことで、サーファーが
沖へ出るために利用する流れですが、同時に海水浴シーズンに人が
沖へ流される事故の多くは、このカレントが原因となっています。

カレントは強烈な流れであり、その流れによって底の地形がえぐられるため、
周辺よりも変化に富み、魚が集まりやすい特徴があります。

もちろん、シーバスも回遊してきます。

カレントを見つけるのは簡単です。

岸から沖へ流れが出ていくので、カレント上では波が立ちくにいため、
高い波が打ち寄せる場所の横にはカレントがあると思って間違いありません。

もしくは、ルアーを引いていて抵抗が重くなる場所があれば、そこがカレントです。

なぜなら、カレントは岸から沖への流れなので、流れに逆らって引くことで
周辺よりもリトリーブの抵抗が増すからです。

続いて、サーフのポイントのなかでも一番見つけやすいのは「ブレイク」です。

ブレイクとは、いわゆる「カケアガリ」のことで、
周囲よりも地形の変化に富んだ場所です。

サーフにおけるブレイクは、高い波が立ち、砕け、サラシができているので、
判別するのが比較的容易です。

急激なカケアガリに沿って波が高く持ち上げられ、流れも発生します。

また、サラシがシーバスの体を隠すカーテンの役割を果たします。

自然の状態のサーフにおいては、「人造物」もシーバスが着くストラクチャーになります。

たとえば、堤防や波消ブロック、あるいは大きな岩がある場所は好ポイントになります。

ストラクチャーの横はもちろん、ストラクチャーに流れが当たることで形成される地形や
流れのヨレも格好のポイントです。

得てして見逃しがちなのが「波打ちぎわ」です。

ここは実は、もっとも流れがあり、ベイトを追い込む絶好の場所なのです。

ルアーをピックアップする寸前に活性の高いシーバスがひったくってくることも
あるので油断できません。

このように、サーフにはいくつものポイントがありますが、
必ずしもすべてのサーフに存在するわけではありません。

のっぺりした海岸線や、海面のサーフは地形の変化が少ないので、
シーバスも寄りづらい傾向があります。

シーズンごとのシーバス釣り

春夏秋冬のシーバスフィッシング

シーバス釣りにもシーズンがありますので、シーズンごとの特徴を把握しておきましょう。

まずシーバスの産卵期は1月から2月にかけてです。

冬真っ只中のこのシーズンは水温が低いので動きが鈍く、やや食いつきが落ち込みます。

産卵期ならエサを求めて食いついてきますが、産卵を終えると深場に潜って
冬を越しますので、そうなるとやや厳しいシーズンと言えます。

3月ごろから水温も徐々に上がり始めますので、それに合わせてシーバスも活性化してきます。

4月から6月にかけては水温がすっかり上がっていますので、活性化していますので
浅場に姿を現します。

シーバスというのはアユが好物ですので、アユを求めて河口付近まで姿を見せますので、
絶好のシーバス釣りのチャンスです。

7月から8月は夏休みになりますので、人が多くてあまりゆっくりシーバス釣りを
できませんので、基本的にはこの時期は夜釣りを楽しむかオフにします。

9月になると夏休みも終わり人も少なくなりますし、いわゆる落ちアユと呼ばれる
産卵期を迎えたアユが川を下ってきますので、シーバスは落ちアユを狙ってきます。

そのシーバスを狙うわけです。

シーバスにとってもこの時期から産卵に備えて活性化していますので、
この時期もシーバス釣りにとってベストなシーズンなのです。

タグ

最新情報