シーバス


シーバス釣り動画で学ぶルアーアクション

シーバス釣り動画で学ぶルアーアクション

シーバス釣りではルアー選びは大切な要素ですが、
ルアーを活かすためにはルアーアクションを覚える必要があります。

どんなにいいルアーを使っていても、
アクションをしなければその能力をフルに発揮することができません。

アクションといって難しく考える必要はありません。

まずは基本的なアクションから身に付けていきましょう。

最も簡単なアクションはストップ&ゴーです。

これは言葉のまんまのアクションで、
リールを巻いては止め、巻いては止めを繰り返すだけです。

とても単純なアクションですが、魚にとってはルアーが生き物のように見えますので
単純で有効なアクションです。

ルアーアクションは言葉で覚えるよりシーバス釣り動画で見たほうがいいですね。

ルアーアクションを覚えるなら

シーバス釣り名手、山本典史のシーバス釣り動画DVD講座

というシーバス釣り動画がいいですよ。

ルアー釣りの名人である山本典史氏のルアーアクションが学べますので、
実践で大活躍すること間違いなしです!

シーバス釣り動画でシーバス釣り上達!

シーバスとはスズキのことで、シーバス釣りではバス釣りと同じくルアーを使用します。

 

スズキというには成長魚で、成長するに従ってその名称を変えていきます。

40センチくらいまでの大きさの時はセイゴと呼ばれます。

40~60センチの大きさの時はフッコと呼ばれます。

60センチ以上に成長して始めてスズキと呼ばれるようになるのです。

 

シーバス釣りではスズキだけでなく、セイゴフッコも対象とします。

アングラーによってセイゴフッコは狙わずスズキだけを狙うこともあります。

60センチ以上の魚は力が強く、釣り上げるのも一筋縄ではいきません。

油断しているとエサだけ持っていかれることがあります。

 

シーバス釣りをするなら見ておきたいシーバス釣り動画があります。

それは

シーバスフィッシング名手、山本典史のシーバス釣り動画DVD講座

というシーバス釣り動画講座です。

 

シーバス釣りの基礎から応用テクニックまで幅広く教えてくれますので、

このシーバス釣り動画さえ見ればシーバス釣りが確実に上達します!

シ-バス釣り “無料動画” はコチラから

お名前(性):

例:山田


メールアドレス:

例:yamada@mail-adress.com


登録後、メール講座という形で、シ-バス爆釣のための秘密を、動画付きでお届けしますので、どうぞご期待下さい!!

シ-バス釣りDVD通信講座

DVDおすすめ情報

ナビゲーション

『シーバスのランカーサイズを釣り上げたい』
『ルアー名手の技を学びたい』
『短期間にプロのシーバステクニックをマスターしたい』

そんなシーバス釣りのお悩みを抱えているあなたへ!

当DVD講座は、紀州マルチアングラーにして、シーバス釣りの名手
ダイワのフィールドスタッフの山本典史が、
これまでの豊富な経験や知恵をもとに、初心者でもシーバス釣りが
マスターできるようにと作成した、シーバスフィッシングノウハウの集大成です。

シーバス釣り第一人者のテクニックを伝授します!

回遊シーバスは難しいのか?

【シ-バス釣りに関する質問】

回遊シーバスは難しいのでしょうか?

【シ-バス釣りに関する回答】

食わせるのは非常に簡単。

ベイトを求めて回遊しているから食い気満々でルアーにすぐ食いつく。

しかし、そのタイミングを捉えるのが難しい。

以下、少し補足をしておきます。

港湾シーバス狙いが、目の前のシーバスを相手にする「食わせの釣り」とするならば、
サーフや河口に回遊してくる群れや個体を相手にするのは「よみの釣り」と言えます。

あらゆる条件を考え抜き、群れや個体、ベイトの動きをよんでポイントや
釣行時間を選択し、その上でキャストコースやリトリーブのスピードなど、現場に合った
メソッドで攻めることによってようやく一尾にたどり着けるかどうかの釣りなのです。

人によっては簡単ではないかもしれませんが、パズルを解き明かすような楽しみがあります。

深いサーフでの狙いはどうすればいいのか?

【シ-バス釣りに関する質問】

深いサーフでの狙いとしてはどうすればいいですか?

【シ-バス釣りに関する回答】

深いサーフはブレイクライン(落ち込み)沿いに魚が移動するので、
沖に真っ直ぐ投げるのではなく、斜めにキャストして落ち込み沿いを長く攻める。

以下、少し補足をしておきます。

テトラ帯や岩礁帯など、変化のあるエリアを狙いましょう。

急深サーフでは、海岸浸食が激しいために、海岸線や沖目にテトラポッドを投入して
ある場合が多いので、一時的に足止めされるテトラ帯は狙い目となります。

条件としては、イワシが多い季節で多少波立っているときで、
近くに小さな流れ込みがあったり、多少の濁りがあればなおよしです。

タックルに関しては、あまり長いロッドは必要なく、ルアーは
10cm程度のフローティングミノーもしくは、バイブレーションを使います。

ラン&ガンでテトラ帯とテトラ帯の間を叩いていきましょう。

河口での狙いは下げ潮狙いか上げ潮狙いか?

【シ-バス釣りに関する質問】

河口での狙いは下げ潮狙いですか、上げ潮狙いですか?

【シ-バス釣りに関する回答】

両方狙える。

下げ潮は川本来の流れと潮の流れが相まって強くなる。

上げ潮は海の流れと川の流れがぶつかって潮目ができやすくなる。

以下、少し補足をしておきます。

基本は下げ潮狙いですが、上げ潮でもチャンスはあります。

河口は流れがまとまり、ポイントの絞りやすくなる下げ潮狙いが基本になります。

シーバスが流れに頭を向け、ルアーを発見しやすくなりますし、
ブレイクラインも近くなるので、前に出てより遠くを叩けるようになるためです。

雨後の増水時は、平均して水位が上がるため、潮位が関係なくなるので、
上げ潮で汽水が岸に寄っている時間を狙えば、シーバスの回遊にぶつかる
可能性が高くなります。

特に、河口部が護岸された河川では、流れに強いバイブレーションなどで
中層を探れば、かなりいい釣果が期待できるでしょう。

キャスティングの方法

キャスティングのテクニック

ルアーフィッシングで使用されるキャスティングのテクニックは色々ありますが、
ここでは代表的なものをご紹介します。

■ オーバーヘッドキャスト

キャストの基本中の基本です。初心者はまず、このキャストをマスターする
必要があります。

コントロールをつけやすく、安全性が高い方法ですが、着水音が大きいので
魚に警戒心を抱かせてしまうこと、周囲に障害物があると引っかかってしまう
デメリットがあります。

アクションとしては、目標に向けてロッドを正面に向け、脇をしっかりと
締めて肩の力を抜き、頭上からロッドを振り上げて、キャストした瞬間に
ラインから指を離します。

■ サイドハンドキャスト

真横にロッドを振る方法で、真上や後方に障害物があってオーバーヘッドキャストが
難しいときや、目標の上方に障害物があるときに使用します。

向かい風が強い日は、この方法を活用するとうまく狙ったポイントへ落とせます。

アクションはオーバーヘッドキャストと同じく目標に向けてロッドを正面に向け、
脇をしっかりと締めて肩の力を抜き、ロッドをやや斜め上に振り上げ、ラインを離します。

■ バックハンドキャスト

サイドハンドキャストは利き手側にロッドを振りますが、バックハンドキャストは
利き手の反対側へ振ります。

そのため、コントロールが非常に難しいですが、フィールドが狭い場合に活用すると、
大きな助けになるでしょう。

アクションはサイドハンドキャストとほぼ同じで、ロッドを利き手側と反対側へ
振り出し、ラインを離します。

■ ピッチング

手首のスナップをきかせながらキャストする方法で、ピンポイントを狙い、
着水音をおさえることができます。

ただし、近場を狙うキャスト方法なので、せいぜい10mくらいまでの範囲で使用します。

アクションは、ラインをロッドの長さよりも短く出し、目標に向かってロッドを向け、
ルアーを手前に引いてロッドをしならせます。

このしなりを利用し、ルアーを離すと同時に手首のスナップを利かせてポイントに
落とします。

フッキングについて

シーバスは捕食が下手

シーバスは獰猛な食いつきと食欲を見せるにも関わらず、捕食行動が下手な魚です。

普段はエサとなる小魚を追い回してもうまく食いつけず、障害物に身を潜めて
待ち伏せしていることが多いようです。

そのため、アタリが来てもすぐにアワセず、一拍置いて引き上げると
フッキングできます。

ただ、シーバスのアゴはとても硬く、アゴを突き抜けるほどしっかりと
フッキングできなければ、バラシてしまう原因になるので注意が必要です。

フッキングした後が勝負

アゴにしっかりフッキングしたとしても、そこからがシーバスとの
ファイティングの始まりです。

シーバスは痛みから激しく抵抗し、「エラ洗い」という水面で口とエラを広げて
頭を激しく振る行動を取ります。

エラ洗いをすると、アゴにかかった針が傷口を広げるので針が外れやすくなり、
ラインを少しでも緩めるとバラシてしまう可能性が高くなります。

そのため、フッキングの後はリールを巻いて常にラインを張った状態にすることが
重要です。

ランディングとリリースについて

シーバスを弱らせる

ファイティングを続けていると、シーバスも次第に弱ってきて疲れを見せます。

頃合いを見計らいながらリールを巻いて徐々に手前に引き寄せ、
ランディングネットで受け止めて取り込みます。

乱暴に扱うと、ネットの網でシーバスのウロコがはげてしまうので気をつけて下さい。

取り込んだ後はリリース?

シーバスは基本的にキャッチ&リリースが主流です。

できるだけ傷つけないようにランディングした後は、すみやかに
リリースするようにしましょう。

リリースはなるべく魚体に手で触れないように、下あごを指でつかんで
海に放流してください。

弱って呼吸をしてないようであれば、魚の口を持って口の中から
海水を通してあげると、エラ呼吸を始めます。

また、もしリリースしても死んでしまいそうな場合は、食用として
自宅に持ち帰るといいでしょう。

タグ

最新情報