ゲームフィッシング


シーバスが釣れないときの対処法

釣れないときこそ、頭を使う

釣れないときは悔しいものですが、こんなときこそ頭をフル回転させ、
シーバスにいかにして食わせるかを考える必要があります。

目論みが当たってアタリがくれば、ゲームフィッシングの醍醐味を感じるでしょう。

■ ルアーを変える

水面を探っても当たらないときは、シンクタイプのルアーで泳ぐ層を変えてみるのも有効です。

また、ハードルアーがまったく役に立たないときは、ソフトルアーにしてみると爆釣する場合が
あります。

■ アクションに変化をつける

リールを巻くだけのアクションではスレたシーバスは食いつきません。

ロッドを鋭く振ってルアーに多彩なアクションを与えると、途端にアタリが来ることがあります。

■ カラーのローテーション

同じルアーばかり使用していると、無反応になることがあります。

カラーをローテーションすることで、食いつきが良くなることがあります。

■ 立ち位置を変えてみる

同じポイントを攻める場合でも、あなたの立ち位置を少しずらすことでキャストする角度に
変化が出てアタリが出やすくなります。

シーバスが好むポイントとは

シーバスのいるポイントを探すには

シーバスは捕食が下手な魚のため、追いかけ回して捕食するよりも
物陰に隠れて小魚を捕らえることを好みます。

また、シーバス釣りはゲームフィッシングですから、やみくもにキャストするよりも、
事前にポイントを特定して釣り上げることが、上達への道のりです。

どういうポイントがあるのか

■ ベイトフィッシュの群れを探す

水中に小魚の群れが見えたら、シーバスが狙っている可能性が高いです。

■ 障害物の周辺

岩陰やブイなど、障害物の周辺にシーバスが潜んでいることがあります。

■ 橋脚周辺

流れの早い橋脚周辺には活性の高いシーバスがいることが多いです。

■ サラシ

波の白い泡のこと。その下に隠れて獲物を狙っている。

シーバス釣りの楽しさ

シーバス釣りの人気がある理由

まず一つ目はゲームフィッシングである、ということです。

ただいたずらに竿を振っていれば釣れるはずはなく、頭を使ってシーバスの居所を推理し
身につけたテクニックで釣り上げるという、ゲーム的な楽しさがあるからです。

近年はルアーフィッシングの人気が高まり、
海のルアーフィッシングの対象魚としてはシーバスが最もポピュラーな魚です。

シーバスは食欲旺盛で、ルアーの動きに騙されて追いかけて襲い、
食いついた後は激しい引きを見せます。

パワフルなファイトを見せる魚だからこそ、初心者でも夢中になってしまう
魅力があるのです。

そして、磯や河口、海岸線など、身近なエリアで楽しめるということも
人気を後押ししている原因の一つです。

ルアーの魅力にハマる

ルアーは魚や虫に似せた疑似餌に過ぎませんが、あなたがロッドを通して
ルアーに「まるで生きているような」動きを与えることで、
ブラックバスは本物のエサと勘違いしてガブリと食いつきます。

ルアーの種類も一通りではなく、過去の釣り人たちが知恵を絞り、
工夫を加えたルアーがたくさん存在します。

そのルアーの特性に合わせ、様々な動きを与えますので、利用方法は無限大
と言ってもいいほどです。

こうしたテクニックを磨き、自分自身の釣法を確立することも、シーバス釣りの魅力です。

シーバス釣りのコツ

コツなんてあるの?

シーバスはゲームフィッシングですから、ある程度攻略法というものは存在します。

しかし、あえて言うなら「コツ」や「テクニック」を追う前に、
シーバスの習性を熟知することから始めるべきです。

つまり、「シーバスが、今どこにいるのか」がわかるかわからないのかが、
上達への第一歩となります。

仮に高価な釣り具を揃えてシーバス釣りに臨んだとしても、
シーバスの現在地がわからなければ、すべて空振りに終わってしまいます。

フィールドのクセをつかむ

釣れないと悔しいものですし、「違う場所なら釣れるに違いない」と
釣り場を移動したくなりますが、場所を変えてしまうと、
そこに生息するシーバスの特性を一からつかまなくてはなりません。

フィールドにはそれぞれ独特のクセや特性があり、長く通い詰めることで
釣れるポイントを見つけたり、釣れる時間帯が経験的につかめるようにもなれます。

データを取るつもりで、辛抱強くキャストし続けるといいでしょう。

タグ

最新情報