シーバス豆知識

名前が変わる出世魚

「シーバス」とはそもそも和製英語で、スズキを「シーバス」と呼んでいるに過ぎません。

アメリカで「シーバス」と言うと、まったく違う種類の魚を指しますので注意しましょう。

スズキは日本人に昔から親しまれてきた魚で、ブリと同じく出世魚です。

成長度により、呼び名が変わります。

「スズキ」と呼ばれるのは60cm以上に成長した場合で、
60cm以下を「フッコ」、さらに30cm以下を「セイゴ」、
10cm以下になると「コッパ」と呼びます。

また、関西では「フッコ」のことを「ハネ」と呼称しています。

トゲとエラに注意

シーバスの背びれには鋭いトゲがあります。

また、エラはカミソリのように鋭いので、シーバスの口から針を外したり、
リリースの際には直接手で触れないように注意が必要です。

シーバスを持ち上げるときは、下アゴをつかむと一番安全です。

トゲには毒はありませんが、指に刺さった場合は、ばい菌が入ることがあるので
消毒しておくといいでしょう。

タグ

最新情報