キャスティングの方法

キャスティングのテクニック

ルアーフィッシングで使用されるキャスティングのテクニックは色々ありますが、
ここでは代表的なものをご紹介します。

■ オーバーヘッドキャスト

キャストの基本中の基本です。初心者はまず、このキャストをマスターする
必要があります。

コントロールをつけやすく、安全性が高い方法ですが、着水音が大きいので
魚に警戒心を抱かせてしまうこと、周囲に障害物があると引っかかってしまう
デメリットがあります。

アクションとしては、目標に向けてロッドを正面に向け、脇をしっかりと
締めて肩の力を抜き、頭上からロッドを振り上げて、キャストした瞬間に
ラインから指を離します。

■ サイドハンドキャスト

真横にロッドを振る方法で、真上や後方に障害物があってオーバーヘッドキャストが
難しいときや、目標の上方に障害物があるときに使用します。

向かい風が強い日は、この方法を活用するとうまく狙ったポイントへ落とせます。

アクションはオーバーヘッドキャストと同じく目標に向けてロッドを正面に向け、
脇をしっかりと締めて肩の力を抜き、ロッドをやや斜め上に振り上げ、ラインを離します。

■ バックハンドキャスト

サイドハンドキャストは利き手側にロッドを振りますが、バックハンドキャストは
利き手の反対側へ振ります。

そのため、コントロールが非常に難しいですが、フィールドが狭い場合に活用すると、
大きな助けになるでしょう。

アクションはサイドハンドキャストとほぼ同じで、ロッドを利き手側と反対側へ
振り出し、ラインを離します。

■ ピッチング

手首のスナップをきかせながらキャストする方法で、ピンポイントを狙い、
着水音をおさえることができます。

ただし、近場を狙うキャスト方法なので、せいぜい10mくらいまでの範囲で使用します。

アクションは、ラインをロッドの長さよりも短く出し、目標に向かってロッドを向け、
ルアーを手前に引いてロッドをしならせます。

このしなりを利用し、ルアーを離すと同時に手首のスナップを利かせてポイントに
落とします。

タグ

最新情報