フッキングについて

シーバスは捕食が下手

シーバスは獰猛な食いつきと食欲を見せるにも関わらず、捕食行動が下手な魚です。

普段はエサとなる小魚を追い回してもうまく食いつけず、障害物に身を潜めて
待ち伏せしていることが多いようです。

そのため、アタリが来てもすぐにアワセず、一拍置いて引き上げると
フッキングできます。

ただ、シーバスのアゴはとても硬く、アゴを突き抜けるほどしっかりと
フッキングできなければ、バラシてしまう原因になるので注意が必要です。

フッキングした後が勝負

アゴにしっかりフッキングしたとしても、そこからがシーバスとの
ファイティングの始まりです。

シーバスは痛みから激しく抵抗し、「エラ洗い」という水面で口とエラを広げて
頭を激しく振る行動を取ります。

エラ洗いをすると、アゴにかかった針が傷口を広げるので針が外れやすくなり、
ラインを少しでも緩めるとバラシてしまう可能性が高くなります。

そのため、フッキングの後はリールを巻いて常にラインを張った状態にすることが
重要です。

タグ

最新情報