サーフのシーバス釣り

サーフは狙い目のシーバスポイント

日本の海岸線は、砂浜、磯、波止で形成されており、特に「サーフ」と呼ばれる砂浜は、
シーバスの高い実績があるポイントです。

このサーフは河川の河口に形成されるのが一般的ですが、砂は粒子が細かく軽いので、
波の流れによって岸に運ばれて形成されるサーフもあります。

サーフは砂浜のほかにも、泥状の干潟、砂利浜、ゴロタ浜があり、
ほかのシーバスポイントに比べると水深が浅いのがほとんどです。

そのため、シーバスを常にストックしておくことができないので、
釣り人は回遊シーバスを狙うことになります。

延々と続くサーフは多くの人が並んで釣れる場所のように見えますが、
実はポイントの見極めが難しく、
高い確率で釣れる場所は限られていることを覚えておきましょう。

タグ

最新情報