シーバス釣りのマナー

安全に注意を払う

シーバス釣りは、海をフィールドとするので、油断するとひどい目に遭う
可能性があります。

ボート釣りや磯釣りでは救命胴衣の着用を怠らず、夜釣りでは視界が悪くなるので
細心の注意が必要です。

足元は特に滑りやすいので、スパイク付きのブーツを履くなどの工夫もしてください。

また、できれば単独行動をせず、周辺に人がいる環境を選んで釣りをするか、
数人の仲間と一緒に釣りをするといいでしょう。

キャストをする際も、周りに人がいないかどうか確認のうえ行ってください。

釣り針が人に刺さっては一大事になりかねません。

自然に優しく

釣り場には弁当箱の空や空き缶やペットボトルを残さない、というのは常識です。

また、ラインブレイクやバラシなどでルアーを失ってしまうことがありますが、
ソフトルアーには自然に分解するタイプもありますので、そうした道具選びも
自然環境への配慮となります。

そして、シーバスを何匹も連続で釣り上げるのは楽しいものですが、
できるだけ魚を傷つけずにリリースしてあげることも、自然を大切にし、
将来ずっとその釣り場で楽しめることに繋がります。

タグ

最新情報