シーバスの習性と生態

シーバスが生息しているのは

シーバスとは日本のスズキのことで、北海道の石狩湾を北限とし、
全国的に生息しています。

比較的温暖な気候を好み、満潮時と干潮時によって活性が大きく変化します。

地域により差はありますが、産卵は冬に行われるので、秋頃、体力をつけるために
「荒食い」と呼ばれるほど大きな食欲を見せます。

荒食いをする時期にはエサを追い求めて、海から川に入り込むこともあります。

回遊タイプと居着きタイプ

シーバスは季節ごとに移動する習性がありますが、エサとなるベイトを追って、
大きく二つのタイプに分かれます。

一つはベイトの移動に合わせて広範囲に移動する「回遊タイプ」です。

このタイプのバスは大型のものが多く、成長したアユなどを追って
川に上り河川にとどまるものは、「川スズキ」と呼ばれることもあります。

もう一つは「居着きタイプ」で、特定の障害物やある特定の範囲のみに
潜んでいるシーバスのことです。

産卵をしない個体がこのタイプになるようです。

初心者はこちらのタイプを狙うと釣りやすいでしょう。

タグ

最新情報