シ-バス釣りのライン


ラインの結び方を極める

結び方を覚えよう

ラインはルアーを狙ったポイントへ落とし、ルアーにアクションを与えてくれる
重要なタックルです。

材質も重要な要素にはなりますが、ラインの結び方を覚えることは基本中の基本です。

以下に様々な結び方の紹介をします。

■ ユニノット

基本の結び方です。
結び方も簡単で、強度も安定しています。

■ クリンチノット

ルアーを結ぶために使われる。

■ パロマーノット

ジグを結ぶときによく使われる。
強度はとても高い。

■ フリーノット

小型ルアーを結ぶときに便利。
ただし、フックが絡みやすい。

ラインシステムについて

ラインを普通結ぶと、結合部で切れてしまいます。

そのため、しっかりとしたラインシステムを作る必要があります。

様々な結び方をマスターすることにより、タックルを強化できるので
キャストの際に飛距離を伸ばせたり、水中でのラインの抵抗が少なくなります。

ユニノットのような簡単な結び方でも十分な強度を得られるので、
うまく結べるように練習をしてみてください。

タグ

最新情報