シ-バス釣りのルアー


ルアーの特徴と使い方

シーバス用の主なルアー

● ミノー・プラグ

シーバス釣りでよく使用されるのが、このミノー・プラグです。

このルアーは小魚の形をしており、本物そっくりにできています。

フローティング・シンキング・サスペンドなど、
水表から水底まで探れるタイプが揃っています。

リトリーブ(引き)次第で、様々なアクションを生み出せます。

● トップウォーター・プラグ

「トップウォーター」とは水面のことです。

シーバスが小魚を追って水面近くにやってきているときに力を発揮してくれます。

リトリーブすると水面で小魚が跳ねているような動きを見せます。

● バイブレーション・プラグ

シーバス釣りでは主に、水中に沈むシンキング・タイプを使用します。

小魚型のルアーの内部には「ラトル」という玉が入っており、
リトリーブすると水の抵抗によりボディがバイブレーションを起こし、
内部でラトル音を出してシーバスを引き寄せます。

● メタルジグ

金属製の魚の形をしたルアーです。このルアーは重さがあるので、
深場を狙うときに使用します。

また、潮の流れが早いときや風が強い日にも重宝します。

● ソフトベイト

合成樹脂やラバー製の柔らかいルアーの総称で、
ミミズやゴカイ類を模した「ワーム」という形や、
その他昆虫やザリガニ型のものもあります。

特徴としては、ハードルアーでは出せない自然な動きを演出でき、
根がかりも少ないことです。

なお、ソフトベイトは単体では使用できず、
ジグヘッドなどにセットして使用する必要があります。

ハードルアーが釣れないときに使用すると、爆釣することもあるようです。

タグ

最新情報