シーバス釣りの基本


シーバス釣りの楽しさ

シーバス釣りの人気がある理由

まず一つ目はゲームフィッシングである、ということです。

ただいたずらに竿を振っていれば釣れるはずはなく、頭を使ってシーバスの居所を推理し
身につけたテクニックで釣り上げるという、ゲーム的な楽しさがあるからです。

近年はルアーフィッシングの人気が高まり、
海のルアーフィッシングの対象魚としてはシーバスが最もポピュラーな魚です。

シーバスは食欲旺盛で、ルアーの動きに騙されて追いかけて襲い、
食いついた後は激しい引きを見せます。

パワフルなファイトを見せる魚だからこそ、初心者でも夢中になってしまう
魅力があるのです。

そして、磯や河口、海岸線など、身近なエリアで楽しめるということも
人気を後押ししている原因の一つです。

ルアーの魅力にハマる

ルアーは魚や虫に似せた疑似餌に過ぎませんが、あなたがロッドを通して
ルアーに「まるで生きているような」動きを与えることで、
ブラックバスは本物のエサと勘違いしてガブリと食いつきます。

ルアーの種類も一通りではなく、過去の釣り人たちが知恵を絞り、
工夫を加えたルアーがたくさん存在します。

そのルアーの特性に合わせ、様々な動きを与えますので、利用方法は無限大
と言ってもいいほどです。

こうしたテクニックを磨き、自分自身の釣法を確立することも、シーバス釣りの魅力です。

シーバス釣りのコツ

コツなんてあるの?

シーバスはゲームフィッシングですから、ある程度攻略法というものは存在します。

しかし、あえて言うなら「コツ」や「テクニック」を追う前に、
シーバスの習性を熟知することから始めるべきです。

つまり、「シーバスが、今どこにいるのか」がわかるかわからないのかが、
上達への第一歩となります。

仮に高価な釣り具を揃えてシーバス釣りに臨んだとしても、
シーバスの現在地がわからなければ、すべて空振りに終わってしまいます。

フィールドのクセをつかむ

釣れないと悔しいものですし、「違う場所なら釣れるに違いない」と
釣り場を移動したくなりますが、場所を変えてしまうと、
そこに生息するシーバスの特性を一からつかまなくてはなりません。

フィールドにはそれぞれ独特のクセや特性があり、長く通い詰めることで
釣れるポイントを見つけたり、釣れる時間帯が経験的につかめるようにもなれます。

データを取るつもりで、辛抱強くキャストし続けるといいでしょう。

シーバス釣りに出る前の下準備

タックル以外で用意しておくべきもの

釣り場では環境に合わせて用意しておいた方がいいものがあります。

■ 救命胴衣

ボートでシーバス釣りに行く場合は、
救命胴衣の着用が義務づけられていることがあります。

釣りに夢中になっているあまり、岩場で足を滑らせて海に落ちてしまうことも
十分考えられます。

泳ぎに自信があるとしても、荒れた海では危険ですので、着用した方が無難です。

■ サングラス

天気のいい日の釣りは、海に太陽の光が反射して目を痛めてしまいます。

偏光グラスであれば、水中のルアーの動きも見えますので便利です。

■ ヘッドライト

夜釣りには欠かせない装備です。使用している途中で、
電池が切れてしまう可能性もあるので、予備電池も必携です。

■ ペンチ

シーバスの口に針が深く刺さって取れないときに使用します。

シーバスは痛くて暴れていますので、針を外すのにも一苦労ですが、
ペンチがあれば簡単に外せます。

シーバス釣りのマナー

安全に注意を払う

シーバス釣りは、海をフィールドとするので、油断するとひどい目に遭う
可能性があります。

ボート釣りや磯釣りでは救命胴衣の着用を怠らず、夜釣りでは視界が悪くなるので
細心の注意が必要です。

足元は特に滑りやすいので、スパイク付きのブーツを履くなどの工夫もしてください。

また、できれば単独行動をせず、周辺に人がいる環境を選んで釣りをするか、
数人の仲間と一緒に釣りをするといいでしょう。

キャストをする際も、周りに人がいないかどうか確認のうえ行ってください。

釣り針が人に刺さっては一大事になりかねません。

自然に優しく

釣り場には弁当箱の空や空き缶やペットボトルを残さない、というのは常識です。

また、ラインブレイクやバラシなどでルアーを失ってしまうことがありますが、
ソフトルアーには自然に分解するタイプもありますので、そうした道具選びも
自然環境への配慮となります。

そして、シーバスを何匹も連続で釣り上げるのは楽しいものですが、
できるだけ魚を傷つけずにリリースしてあげることも、自然を大切にし、
将来ずっとその釣り場で楽しめることに繋がります。

タグ

最新情報