シ-バス釣りQ&A


回遊シーバスは難しいのか?

【シ-バス釣りに関する質問】

回遊シーバスは難しいのでしょうか?

【シ-バス釣りに関する回答】

食わせるのは非常に簡単。

ベイトを求めて回遊しているから食い気満々でルアーにすぐ食いつく。

しかし、そのタイミングを捉えるのが難しい。

以下、少し補足をしておきます。

港湾シーバス狙いが、目の前のシーバスを相手にする「食わせの釣り」とするならば、
サーフや河口に回遊してくる群れや個体を相手にするのは「よみの釣り」と言えます。

あらゆる条件を考え抜き、群れや個体、ベイトの動きをよんでポイントや
釣行時間を選択し、その上でキャストコースやリトリーブのスピードなど、現場に合った
メソッドで攻めることによってようやく一尾にたどり着けるかどうかの釣りなのです。

人によっては簡単ではないかもしれませんが、パズルを解き明かすような楽しみがあります。

深いサーフでの狙いはどうすればいいのか?

【シ-バス釣りに関する質問】

深いサーフでの狙いとしてはどうすればいいですか?

【シ-バス釣りに関する回答】

深いサーフはブレイクライン(落ち込み)沿いに魚が移動するので、
沖に真っ直ぐ投げるのではなく、斜めにキャストして落ち込み沿いを長く攻める。

以下、少し補足をしておきます。

テトラ帯や岩礁帯など、変化のあるエリアを狙いましょう。

急深サーフでは、海岸浸食が激しいために、海岸線や沖目にテトラポッドを投入して
ある場合が多いので、一時的に足止めされるテトラ帯は狙い目となります。

条件としては、イワシが多い季節で多少波立っているときで、
近くに小さな流れ込みがあったり、多少の濁りがあればなおよしです。

タックルに関しては、あまり長いロッドは必要なく、ルアーは
10cm程度のフローティングミノーもしくは、バイブレーションを使います。

ラン&ガンでテトラ帯とテトラ帯の間を叩いていきましょう。

河口での狙いは下げ潮狙いか上げ潮狙いか?

【シ-バス釣りに関する質問】

河口での狙いは下げ潮狙いですか、上げ潮狙いですか?

【シ-バス釣りに関する回答】

両方狙える。

下げ潮は川本来の流れと潮の流れが相まって強くなる。

上げ潮は海の流れと川の流れがぶつかって潮目ができやすくなる。

以下、少し補足をしておきます。

基本は下げ潮狙いですが、上げ潮でもチャンスはあります。

河口は流れがまとまり、ポイントの絞りやすくなる下げ潮狙いが基本になります。

シーバスが流れに頭を向け、ルアーを発見しやすくなりますし、
ブレイクラインも近くなるので、前に出てより遠くを叩けるようになるためです。

雨後の増水時は、平均して水位が上がるため、潮位が関係なくなるので、
上げ潮で汽水が岸に寄っている時間を狙えば、シーバスの回遊にぶつかる
可能性が高くなります。

特に、河口部が護岸された河川では、流れに強いバイブレーションなどで
中層を探れば、かなりいい釣果が期待できるでしょう。

タグ

最新情報