シ-バス釣り実践テクニック


キャスティングの方法

キャスティングのテクニック

ルアーフィッシングで使用されるキャスティングのテクニックは色々ありますが、
ここでは代表的なものをご紹介します。

■ オーバーヘッドキャスト

キャストの基本中の基本です。初心者はまず、このキャストをマスターする
必要があります。

コントロールをつけやすく、安全性が高い方法ですが、着水音が大きいので
魚に警戒心を抱かせてしまうこと、周囲に障害物があると引っかかってしまう
デメリットがあります。

アクションとしては、目標に向けてロッドを正面に向け、脇をしっかりと
締めて肩の力を抜き、頭上からロッドを振り上げて、キャストした瞬間に
ラインから指を離します。

■ サイドハンドキャスト

真横にロッドを振る方法で、真上や後方に障害物があってオーバーヘッドキャストが
難しいときや、目標の上方に障害物があるときに使用します。

向かい風が強い日は、この方法を活用するとうまく狙ったポイントへ落とせます。

アクションはオーバーヘッドキャストと同じく目標に向けてロッドを正面に向け、
脇をしっかりと締めて肩の力を抜き、ロッドをやや斜め上に振り上げ、ラインを離します。

■ バックハンドキャスト

サイドハンドキャストは利き手側にロッドを振りますが、バックハンドキャストは
利き手の反対側へ振ります。

そのため、コントロールが非常に難しいですが、フィールドが狭い場合に活用すると、
大きな助けになるでしょう。

アクションはサイドハンドキャストとほぼ同じで、ロッドを利き手側と反対側へ
振り出し、ラインを離します。

■ ピッチング

手首のスナップをきかせながらキャストする方法で、ピンポイントを狙い、
着水音をおさえることができます。

ただし、近場を狙うキャスト方法なので、せいぜい10mくらいまでの範囲で使用します。

アクションは、ラインをロッドの長さよりも短く出し、目標に向かってロッドを向け、
ルアーを手前に引いてロッドをしならせます。

このしなりを利用し、ルアーを離すと同時に手首のスナップを利かせてポイントに
落とします。

フッキングについて

シーバスは捕食が下手

シーバスは獰猛な食いつきと食欲を見せるにも関わらず、捕食行動が下手な魚です。

普段はエサとなる小魚を追い回してもうまく食いつけず、障害物に身を潜めて
待ち伏せしていることが多いようです。

そのため、アタリが来てもすぐにアワセず、一拍置いて引き上げると
フッキングできます。

ただ、シーバスのアゴはとても硬く、アゴを突き抜けるほどしっかりと
フッキングできなければ、バラシてしまう原因になるので注意が必要です。

フッキングした後が勝負

アゴにしっかりフッキングしたとしても、そこからがシーバスとの
ファイティングの始まりです。

シーバスは痛みから激しく抵抗し、「エラ洗い」という水面で口とエラを広げて
頭を激しく振る行動を取ります。

エラ洗いをすると、アゴにかかった針が傷口を広げるので針が外れやすくなり、
ラインを少しでも緩めるとバラシてしまう可能性が高くなります。

そのため、フッキングの後はリールを巻いて常にラインを張った状態にすることが
重要です。

ランディングとリリースについて

シーバスを弱らせる

ファイティングを続けていると、シーバスも次第に弱ってきて疲れを見せます。

頃合いを見計らいながらリールを巻いて徐々に手前に引き寄せ、
ランディングネットで受け止めて取り込みます。

乱暴に扱うと、ネットの網でシーバスのウロコがはげてしまうので気をつけて下さい。

取り込んだ後はリリース?

シーバスは基本的にキャッチ&リリースが主流です。

できるだけ傷つけないようにランディングした後は、すみやかに
リリースするようにしましょう。

リリースはなるべく魚体に手で触れないように、下あごを指でつかんで
海に放流してください。

弱って呼吸をしてないようであれば、魚の口を持って口の中から
海水を通してあげると、エラ呼吸を始めます。

また、もしリリースしても死んでしまいそうな場合は、食用として
自宅に持ち帰るといいでしょう。

シ-バスフィッシング~陸っぱり編~

釣り人に大人気の陸っぱり

最近では釣り人口が増えてきたせいか、堤防には釣り人の姿が絶えず、
海釣り用の公園まで整備されてきています。

近場で手軽に釣行ができるので、「明日は天気が良さそうだから、釣りに行くか!」
と急に思い立ってもできることが人気の秘訣でしょう。

陸っぱりで狙うポイント

■ 堤防

構造物の陰や堤防に沿ってシーバスの群れが回遊しています。

海に突き出ている堤防の先端部分は潮の変化が激しく、小魚が群れているときがあります。

小魚の群れを見つけたら、シーバスがやってくる可能性が高いので、その周辺を狙いましょう。

■ テトラポッド

テトラポッドがある辺りは波が大きい場所が多く、シーバスはテトラの隙間に居たり、
テトラの先端ギリギリを泳いでいることが多いです。

根がかりするとルアーが壊れてしまうことがあるので注意してください。

フローティングタイプのルアーを使用するのもいいでしょう。

■ 河川、河口

アユを狙って川を遡上してくるシーバスを狙います。

シーバスはコンクリート造りの岸辺や橋脚を好みます。

また、河口付近では雨で増水し、水に濁りがあるときが狙い目です。

シーバスが釣れないときの対処法

釣れないときこそ、頭を使う

釣れないときは悔しいものですが、こんなときこそ頭をフル回転させ、
シーバスにいかにして食わせるかを考える必要があります。

目論みが当たってアタリがくれば、ゲームフィッシングの醍醐味を感じるでしょう。

■ ルアーを変える

水面を探っても当たらないときは、シンクタイプのルアーで泳ぐ層を変えてみるのも有効です。

また、ハードルアーがまったく役に立たないときは、ソフトルアーにしてみると爆釣する場合が
あります。

■ アクションに変化をつける

リールを巻くだけのアクションではスレたシーバスは食いつきません。

ロッドを鋭く振ってルアーに多彩なアクションを与えると、途端にアタリが来ることがあります。

■ カラーのローテーション

同じルアーばかり使用していると、無反応になることがあります。

カラーをローテーションすることで、食いつきが良くなることがあります。

■ 立ち位置を変えてみる

同じポイントを攻める場合でも、あなたの立ち位置を少しずらすことでキャストする角度に
変化が出てアタリが出やすくなります。

ベイトの位置を探り出す

ベイトがいるところ、シーバスもいる

「ベイト」とはシーバスのような大型魚が捕食する小型の魚のことです。

エサとなるベイトがたくさんいれば、お腹を空かせたシーバスたちも当然寄ってきます。

ですから、ベイトの位置を探り出すことが、シーバスの居所をつかむチャンスに
繋がります。

春にはベイトとなるたくさんの稚魚が誕生しますから、シーバスも
この稚魚たちを追いかけ回しています。

そして秋には弱った小型の魚を狙いますので、季節に合わせた動きを
ルアーに与えると、爆釣が可能です。

シーバスの好物は?

シーバスが好むのはアユです。

アユは川と海を回遊する魚で、成魚は川で生活しますが、稚魚は海に遡上してきます。

そのため、シーバスもアユの動きに合わせて河口付近で稚魚を捕食したり、
川に入ってアユを狙うことがあります。

また、カタクチイワシやボラの稚魚、エビ類も好むようです。

タグ

最新情報