サーフでのシ-バスゲーム


サーフのシーバス釣り

サーフは狙い目のシーバスポイント

日本の海岸線は、砂浜、磯、波止で形成されており、特に「サーフ」と呼ばれる砂浜は、
シーバスの高い実績があるポイントです。

このサーフは河川の河口に形成されるのが一般的ですが、砂は粒子が細かく軽いので、
波の流れによって岸に運ばれて形成されるサーフもあります。

サーフは砂浜のほかにも、泥状の干潟、砂利浜、ゴロタ浜があり、
ほかのシーバスポイントに比べると水深が浅いのがほとんどです。

そのため、シーバスを常にストックしておくことができないので、
釣り人は回遊シーバスを狙うことになります。

延々と続くサーフは多くの人が並んで釣れる場所のように見えますが、
実はポイントの見極めが難しく、
高い確率で釣れる場所は限られていることを覚えておきましょう。

サーフのシーバス釣りのポイント

サーフと言えば河口が狙い目ポイント

サーフの代表的なポイントのひとつに「河口」があります。

大規模な河川はもちろんのことながら、涸れてしまいそうな小さな流れ込みで
あったとしても立派なポイントになります。

淡水が流入することによって小魚のエサとなる有機物が流れ込むので、
河口のサーフには小魚が多く溜まります。

その小魚を捕食するために、シーバスが集まってくるわけです。

台風などによって一時的に大量の水が流れ込むと、河口部の底がえぐられたり、
あるいは堆積物によって地形の変化になります。

もっとも、大水は地形を大きく変えてしまい、それまで釣れていたポイントが
消滅してしまうこともあります。

河川の流入がないサーフで一番メジャーなポイントが「カレント」です。

これは「流れ」を意味し、釣りにおいては「離岸流」のことを指します。

離岸流とは、岸に打ち寄せた波が沖へ帰る道筋のことで、サーファーが
沖へ出るために利用する流れですが、同時に海水浴シーズンに人が
沖へ流される事故の多くは、このカレントが原因となっています。

カレントは強烈な流れであり、その流れによって底の地形がえぐられるため、
周辺よりも変化に富み、魚が集まりやすい特徴があります。

もちろん、シーバスも回遊してきます。

カレントを見つけるのは簡単です。

岸から沖へ流れが出ていくので、カレント上では波が立ちくにいため、
高い波が打ち寄せる場所の横にはカレントがあると思って間違いありません。

もしくは、ルアーを引いていて抵抗が重くなる場所があれば、そこがカレントです。

なぜなら、カレントは岸から沖への流れなので、流れに逆らって引くことで
周辺よりもリトリーブの抵抗が増すからです。

続いて、サーフのポイントのなかでも一番見つけやすいのは「ブレイク」です。

ブレイクとは、いわゆる「カケアガリ」のことで、
周囲よりも地形の変化に富んだ場所です。

サーフにおけるブレイクは、高い波が立ち、砕け、サラシができているので、
判別するのが比較的容易です。

急激なカケアガリに沿って波が高く持ち上げられ、流れも発生します。

また、サラシがシーバスの体を隠すカーテンの役割を果たします。

自然の状態のサーフにおいては、「人造物」もシーバスが着くストラクチャーになります。

たとえば、堤防や波消ブロック、あるいは大きな岩がある場所は好ポイントになります。

ストラクチャーの横はもちろん、ストラクチャーに流れが当たることで形成される地形や
流れのヨレも格好のポイントです。

得てして見逃しがちなのが「波打ちぎわ」です。

ここは実は、もっとも流れがあり、ベイトを追い込む絶好の場所なのです。

ルアーをピックアップする寸前に活性の高いシーバスがひったくってくることも
あるので油断できません。

このように、サーフにはいくつものポイントがありますが、
必ずしもすべてのサーフに存在するわけではありません。

のっぺりした海岸線や、海面のサーフは地形の変化が少ないので、
シーバスも寄りづらい傾向があります。

タグ

最新情報