シーズン別シーバス攻略法


シーズンごとのシーバス釣り

春夏秋冬のシーバスフィッシング

シーバス釣りにもシーズンがありますので、シーズンごとの特徴を把握しておきましょう。

まずシーバスの産卵期は1月から2月にかけてです。

冬真っ只中のこのシーズンは水温が低いので動きが鈍く、やや食いつきが落ち込みます。

産卵期ならエサを求めて食いついてきますが、産卵を終えると深場に潜って
冬を越しますので、そうなるとやや厳しいシーズンと言えます。

3月ごろから水温も徐々に上がり始めますので、それに合わせてシーバスも活性化してきます。

4月から6月にかけては水温がすっかり上がっていますので、活性化していますので
浅場に姿を現します。

シーバスというのはアユが好物ですので、アユを求めて河口付近まで姿を見せますので、
絶好のシーバス釣りのチャンスです。

7月から8月は夏休みになりますので、人が多くてあまりゆっくりシーバス釣りを
できませんので、基本的にはこの時期は夜釣りを楽しむかオフにします。

9月になると夏休みも終わり人も少なくなりますし、いわゆる落ちアユと呼ばれる
産卵期を迎えたアユが川を下ってきますので、シーバスは落ちアユを狙ってきます。

そのシーバスを狙うわけです。

シーバスにとってもこの時期から産卵に備えて活性化していますので、
この時期もシーバス釣りにとってベストなシーズンなのです。

春のシーバス釣り

シーバスの基本を身につけるには最適

荒食いの秋に比べると、とかくテクニカルなイメージが強いのが
春のシーバス釣りです。

お手軽ポイントで釣果を上げるには、相当なテクニックがいるのでは?
と思うかもしれませんが、 春も秋も押さえるべき基本は同じです。

スニーカーでも釣りになるような運河や小河川は、やり込むだけ
釣果が上がる楽しい釣り場です。

サイズは、フッコ級が中心ですけど、シーバスの基本を身につけるには最適です。

同じベイエリアといっても、湾に開けた釣り場は、足場が高く
テトラが入ったところも多くて、釣りやすい場所とは言えません。

ビギナーには、そんな場所に行くだけでストレスになるでしょう。

スニーカーでOKの足場の低い運河や小河川なら、とりあえずバスロッドでも
シーバス釣りを始められますから。

大切なのは、同じ釣り場に通い込んで、季節ごとのベイトの変化やポイントの
特性を身につけることです。

複雑なハイテクニックなんて、最初は必要ありません。

ポイントを発見して、正確にルアーを通す。
これを身につけるだけで、ちゃんとシーバスは釣れます。

タグ

最新情報