ʥӥ

 

当サイト『シーバス釣りism(シーバスフィッシングイズム)』は、シーバス釣り専門情報サイトです。

シーバスの生態と習性シーバス釣りの基本道具、装備についてから、
ルアー、ロッド、リール、ラインといった具体的な解説、シ-バス釣りのポイント
シーズン別シーバス攻略法や、サーフ・リバー・港湾・磯での各シ-バスゲーム
さらには、シ-バス釣り実践テクニックからシ-バス釣りに関するQ&Aまで

シーバス釣りに関する様々なお役立ち情報を公開します。

シーバス釣りのことなら『シーバス釣りism(シーバスフィッシングイズム)』にお任せ下さい!

さぁ、シーバスフィッシングを、一緒に楽しみましょう!

 

シーバスの生態主食シーバスの釣り方シーバス釣りの魅力バチ抜け
シーバスの釣れる時期ルアー・タックルの解説からキャストリトリーブ
ルアーローテーション港湾・沖堤防・河口など
シ-バス釣りポイントの各攻略法といったシ-バス釣りテクニック   など

シ-バス釣りに必要な豆知識を解説します。

※ 当ページの最下部に詳しい説明がございますので、参考にして下さい。


 

 

  • JFAシーバス釣りブログ~ルアー名手が本気で教えるで!
  • JFAシーバス釣りブログ~ルアー名手が本気で教えるで!

>> 詳しくはコチラ

  • ルアー名手、山本典史のシーバス釣り攻略DVD講座
  • ルアー名手、山本典史のシーバス釣り攻略DVD講座

>> 詳しくはコチラ

 

  • 海上釣掘ism
  • 海上釣掘ism

  • グレ・メジナ釣りism
  • グレ・メジナ釣りism

  • チヌ・黒鯛釣りism
  • チヌ・黒鯛釣りism

  • シーバス釣りism
  • シーバス釣りism

  • エギング(アオリイカ釣り)ism
  • エギング(アオリイカ釣り)ism

  • 太刀魚(タチウオ)釣りism
  • 太刀魚(タチウオ)釣りism

  • ハネ・フッコ釣りism
  • ハネ・フッコ釣りism

  • メバリング(メバル釣り)ism
  • メバリング(メバル釣り)ism

  • キス釣りism
  • キス釣りism

  • 鮎釣りism
  • 鮎釣りism

  • へら鮒(ヘラブナ)釣りism
  • へら鮒(ヘラブナ)ism

  • ブラックバス釣りism
  • ブラックバス釣りism

戻るボタン 進むボタン

シーバス釣り豆知識

シーバスの生態など

シーバス(スズキ)は、日本では数多いスズキ目スズキ科を代表する魚です。

主に北海道南部から九州までの日本列島沿岸に分布する日本近海の固有種です。

スズキの亜種であるヒラスズキは本種よりも暖水を好み、主に南日本を中心に分布し、
本来は中国や朝鮮半島に分布していたタイリクスズキも、各地の養殖場から逃げ出して
西日本を初めとしたエリアで繁殖範囲を広げています。

全長は最大で1メートルを超え、スマートな体型で力強い泳ぎをするために、
尾ビレの付け根にある尾柄(びへい)が発達していて、エサとなる小魚などを
素早く負うことができます。

体色は背中側が若干黒みを帯び、体側から腹側は銀白色となっていますが、
捕食するエサの違いなどにより、淡い緑色や淡金色がかった個体も見られます。

それぞれのヒレには鋭利な棘があり、エラにも鋭い鋸歯状の棘があるため、
無闇に触ると非常に危険です。

口は大きく受け口で、エサの捕食方法は丸呑みです。

シーバスは内湾性の中層魚で、春から秋にかけてはエサとなるイワシや稚アユ、
ボラなどを追って湾内や汽水域まで接近します。

適水温は15~18℃で、水温が低下する寒気になると産卵のために
湾口部などの深場に移動します。

成長に合わせて名前の変わる出世魚で、関東では1年ものと2年もので
全長20~30センチ程度のものをセイゴ
それ以降の40~60センチのものをフッコ(関西ではハネ)と呼び、
それ以上の大きさの成熟魚をスズキ(シーバス)と呼びます。

シーバスの釣り方

シーバスは基本的に一年を通じて釣れる魚ですが、特に産卵前の10~11月
産卵後の春先、水温の上昇し始める4~6月が絶好のシーズンといわれています。

最もポピュラーになりつつあるのはルアーフィッシングで、
最高の人気ターゲットとなっています。

ルアーフィッシングでは釣り場に適したタックルを使うことが大切です。

シーバス用のルアーは無数にありますが、季節やポイント、
その日の潮の状況などに応じたルアーをローテーションしつつ、
ヒットするルアーを探っていくのがこの釣りの楽しみのひとつでもあります。

シーバスロッドは各メーカーから販売されていて、
用途に合わせて長さやアクションなどを選べるようになっています。

ルアーも膨大な種類があるので、まずは標準サイズのミノーやペンシル、
メタルジグなどを揃えましょう。

「投げ釣り」も人気が高く、仕掛けのバリエーションも数が多いですが、
テンビン仕掛けに一本バリの仕掛けがトラブルが少ない上に食い込みがよく、
好んで使われています。

貪欲に小魚を捕食するシーバスは、活きた小魚をエサにした「泳がせ釣り」でも
狙うことができ、とくに西日本エリアではよく行われています。

エサは小型のアジが主流ですが、イワシやコノシロなども使われます。

また、エビ餌を使った船からの「フカセ釣り」はとくに東京湾で主に行われています。

船長の指示したタナまで仕掛けをおろし、軽く誘いをかけながらアタリを待つのが
基本です。

竿先にコツコツとしたアタリが出たらラインを送り込み、竿を大きく立てて
アワセを入れます。

シーバスを「フライフィッシング」で狙うのも方法のひとつです。

春のゴカイの産卵期には、水面を蠢くゴカイに似せたフライが爆発的な威力を
発揮することもあり、東京湾などではボートをチャーターしての釣りも人気があります。

シーバスのボートゲームで、最近の主流となっているのが「ライトジギング」です。

柔らかいロッドと極細PEラインというライトタックルで様々なレンジに潜んでいる
シーバスを狙っていくスタイルです。

シーバスの主食

シーバスが主に捕食しているエサは、まず小魚類です。

なかでもイワシ類はシーバスにとって重要なエサの一つで、
マイワシ、ウルメイワシなどの種類がありますが、 もっとも捕食されているのがカタクチイワシです。

一年中シーバスが意識するベイトといってもいいほどです。

他には、広範囲を周遊することのないハゼや、比較的汚れた水でも生息することの
できるボラ、春になると海から遡上してくる稚アユなども捕食対象になります。

また、甲殻類貝類なども積極的に捕食する対象となり、エビ類やシャコなどを
好んで食べます。

多毛類では海底に生息するゴカイ類はシーバスにとって定番のエサです。

とくにゴカイの産卵期にあたる冬から春にかけては、河口周りの浅場に大量に周遊し、
それを狙ってシーバスが接岸してくることになります。

その他ではアミ類やヨコエビ類といった藻場で繁殖している小さなエサも捕食します。

ただし、こうしたエサに執着しているシーバスは普通の餌では釣りにくい傾向にあります。

シーバス釣りの魅力

都会からアクセスがよく、軽装で楽しめる港湾シーバスは、
人気急上昇中のターゲットです。

都会の港湾地域は普通に考えると、都市開発が進むほど人工物に覆われ、
本来は魚が住みにくくなると考えられがちですが、
シーバスに限っては「ストラクチャー(人工の障害物)」が増えたことによって、
逆に魚の数も増えるという結果になっています。

もともと日本の都市部は多くの河川が流れ込む湾のある場所で発達しており、
広大な汽水域が形成されています。

そのため汽水を好むシーバスにとっては住みやすい絶好の環境にあったといえるでしょう。

ストラクチャーのある水辺はほとんどがポイントであるといっていいでしょう。

水路が海へとつながっていれば、シーバスは水路の奥へと進入してきます。

都会の場合は港湾部の水辺の殆どはコンクリートで護岸されているため、
ポイントにはスニーカーなどの軽装でアクセスできます。

ただし、ライフジャケットなどの着用は徹底し、
立ち入りが禁止されているところへの進入は当然控えるべきでしょう。

基本的にシーバスはナイトゲームが多く、夜というと敬遠する人もいるかも知れませんが、
都会の明かりが照らす釣り場は思いのほか明るく、自然と夕まづめが続いている状態に
近い感覚があり、釣りやすい状態に常にあると考えてもいいでしょう。

シーバスの釣れる時期

港湾と呼ばれるフィールドでのシーバスの絶好のシーズンは、です。

年末年始の頃、産卵を沖合で行うシーバスは、産卵を終えた春先になると
港湾部へ戻ってきます。

数ヶ月ルアーを見ていなかったことと合わせて、産卵で体力を消耗し、
エサを探している時期なので一年で最も釣りやすい時期となります。

ただし、体力が落ちコンディションが悪い時期なので、魚自体の重量は今ひとつ
期待できません。

一方、秋には大型が狙いやすいシーズンとなります。

港湾部で生活していたシーバスのほか、河川を遡上したシーバスも
産卵に向けて下ってくるため、これらの魚が港湾部で釣れるようになります。

また、沖合にいたベイトフィッシュ(餌になる小魚類)が岸に寄り安い時期になるため、
普段は沖を周遊していたシーバスも岸へと向かってきます。

さらに産卵前に体力をつけようと荒喰いしているうえ、ベイトフィッシュも
10センチほどに成長しているため、ルアーで釣りやすい条件が整います。

もちろん夏も釣れますが、高水温で赤潮や青潮も発生しやすく、低酸素に陥りやすい
港湾部では釣果がガタ落ちします。

夏場は昼潮になり、夜間の干潮差が少なく活性が上がりづらいこともある
釣果の上がらない要因のひとつとなります。

魚の多い港湾部では、冬でもシーバスが釣れることがあります。

ただし、大半の群れが産卵のために沖に出ているために、数はあまり望めません。

タックルについて(港湾でのシ-バスゲーム)

シーバス釣りに関するロッドは7.5~9フィートのライトアクションが標準です。

ただし。最近では飛距離の出る重たいルアーが使われる傾向になりつつあり、
ミディアムライトのロッドに移行するアングラーも増えています。

ティップ(穂先)の作りの繊細なものが好まれます。

リールはサイズの大きい方が飛距離が伸びやすく、ボディのヨレもありません。

ダイワ3000番や4000番が目安になります。

手首の負担が少ないのは2500番で、狭い運河や近距離を狙う場合には
C3000でもいいでしょう。

ラインは飛距離と感度、強度の優れているPEライン0.8号から1.5号を使用します。

飛距離で有利なのは細い号数ですが、80センチ超の大物が掛かったり、
ストラクチャー(障害物)に擦れたりと、ラインの消耗が激しくなる釣り場でもあるため、
1.2号から1.5号を常用するのがよいでしょう。

リーダーに関してはフロロカーボンとナイロンがあり、トップウォーター以外では
フロロを選択する人が多いようです。

太さは5号・20ポンドが標準で、これより細くなると、ルアーを飲み込まれた際に
切れやすくなってしまいます。

逆に太くなるとルアーのアクションに影響するほか、流れの影響も受けてしまうことになります。

他にも、ルアーを収納して持ち運ぶルアーケースも、ベイトのサイズを様々に使用して
探るため、多くの種類のルアーを準備する必要があり、また根掛かりや破損に備えて
必須になります。

また、小物を持ち運んだり、何よりも水辺の事故を防ぐためのライフジャケットを
着用するのもマナーのひとつです。

足場が高い港湾部ではライトロッドでの抜き上げは、破損を招く恐れがあり、
ランディングネット(タモ網)で獲物を掬う必要があり、準備しておくといいでしょう。

また、シーバスからフックを外す際に素手で行うと怪我をする恐れもあるので、
プライヤーや、フィッシュグリップなどもあると便利です。

ルアーについて(港湾でのシ-バスゲーム)

港湾シーバスを攻略するにあたって使用できるルアーは多岐にわたります。

まず、ペンシルベイトは、水面でシーバスが小魚を追いかける様子や捕食音が
確認できる際に、頭を振るようなアクション(ドッグウォーク)をさせて用います。

ポッパーもただ巻きによる引き波などのアクションでトップウォーターで用いるのに
有利です。

S字軌道で独特な蛇行するアクションでアピールするのがシンキングペンシルです。

ロッドアクションを加えずにスローリトリーブ(巻き取り)で使うのが一般的です。

リトリーブすると上昇し、水面直下から水深30センチをアクションするものが多く、
主に水面を浮遊して活躍します。

シンキングミノーは港湾シーバスの代名詞ともいえるルアーです。

7~9センチのものは飛距離や潜行速度がシーバスの捕食レンジにマッチしていて
使いやすく、短い距離でシーバスにアピールすることを目的としているため、
他のルアーに比べアクションが大きめなのが特徴的です。

リップのないリップレスミノーは9センチクラスであれば港湾部でも定番のルアーとして使われています。

ボディ形状の特性上、リップ付きのミノーよりもシーバスが好むアクションを出しやすい

という特性があります。

展開の早いデイゲームではバイブレーションプラグの出番が多くなります。

バイブレーションはリトリーブすると小刻みに振動するリップのないタイプの
ルアーでプレッシャーがかかることでバイトのレンジの下がる場合でも、
独特の動きでリアクションを誘発します。

スピンテールはデイゲームでのシーバス釣りを全国的に流行らせる立役者となった
ルアーです。

日中、遠くへの深い場所をスローに探れること、ルアー自体が小さいこと、
などの利点からデイシーバスを身近な存在に変えました。

ブラックバスに比べると、シーバスにおけるワームとジグヘッドの人気は
高くありませんが、小さいボディと繊細なアクション、柔らかい感触などは
ハードプラグでは表現できないものもあり、ベイトが小さい時や、シーバスが
スレている時などのために、持っておくと便利です。

キャストとリトリーブ(港湾でのシ-バスゲーム)

シーバスのいるところに、狙った場所にルアーを届けるために、
プレッシャーの高い港湾部では精度の高いキャストを決める技術が要求されます。

まず、ルアーを飛ばせるようになること、次に狙ったポイントの
半径1メートル以内に何度もキャストが出来るようにならなければなりません。

もっとも、50メートル先の目標物となると、フルキャストでピンポイントに
ルアーを投入することは難しいので、狙うポイントの付近の流れに合わせて、
ポイントをルアーが通過するようにコントロールできるようにします。

また、ルアーを巻くリトリーブの速さも、具体的なスピードも、リールのハンドルを
秒速1秒回転を目安にそれよりもやや遅めを心掛けて、ルアーのアクションを
感じ取ることのできる、限界ギリギリのスロースピードを念頭におくとよいでしょう。

このようにルアーの遅いスピードで引くのは、無防備なベイトフィッシュの演出と、
シーバスの近辺で出来る限りゆっくりルアーを通過させることで、長時間アピール
するためです。

ルアーローテーション(港湾でのシ-バスゲーム)

港湾での釣りの魅力は数を釣れることです。

フィールドを探って1匹でも多くのシーバスを引きずり出すためには、
ルアーのローテーションを考え、気を配る必要があります。

まず、できるだけ上層のレンジから探っていくことが基本です。

水面近くでシーバスの動きや捕食音があれば、トップウォーターで使用する
ペンシルベイトやポパーで狙います。

この種のルアーには他のルアーにはない力があり、何をやってもダメな時や
そのエリアにいる最も大きい魚を引き出したい時に活躍します。

水面近くはもともと外敵に襲われるなどの理由から、シーバスにとっては
一番遠いステージでもあり、数釣りには向きません。

そこで大抵の場合、最初に水深50センチ付近をシャローミノーで探って、
反応がない場合はシンキングミノー、バイブレーションプラグとレンジを
下げながら探っていくこととなります。

もし、アタリがある場合には、レンジを細かく刻みながら探ることになります。

各ルアーの潜行速度をしっかり頭に入れて、10センチ単位の深さで次々と
移動しながら探っていきましょう。

アタリについて(港湾でのシ-バスゲーム)

大きくガツンと手元にくるシーバスの食いは、誰にでもアタリだと判別できるものです。

これはシーバスが加速してルアーに反転してバイトするために伝わるアタリです。

ロッドを引きこむようなアタリであれば、向こうアワセでルアーのフックの先が
入っているため、アングラーは軽いアワセを入れるだけで十分に掛けることができます。

このほかに、シーバスのアタリにはコツッと軽く触れたようなアタリもあり、
注意していないと気づかずに見過ごしてしまうようなアタリも少なくありません。

こういったアタリはシーバスがスレている時に起こりやすく、ルアーをリトリーブ
するときに、シーバスとルアーのレンジがほとんど一緒になった場合も移動距離が
少ないために、小さなアタリになる傾向があります。

シーバスがスレている場合にはルアーを見切られているために、
積極的にフッキングしていかないとファイトには持ち込めません。

潮回り(港湾でのシ-バスゲーム)

海には満潮と干潮も潮位があり、15日間を周期とした潮の干満として、
大潮、中潮、小潮、親潮、長潮の潮回りがあります。

潮回りは魚の活性にも影響をあたえるため、潮位と潮回りを外すと、
シーバスが全く釣れないという事態に陥ってしまいます。

港湾部の場合、もっとも有名な時合いは、大潮から中潮の満潮からの下げで、
潮位が高いほどシーバスが岸に寄っていて、潮が流れるほどに活性が上がります。

また、多くのアングラーで混雑する時間帯を嫌って、上げ潮狙いに絞る人や、
わざと潮位が低くなるタイミングを狙ってシーバスが溜まる深場に狙いを
絞る人もいます。

通常とは違うアプローチを見つけることで、混雑を回避したり、あえて
セオリーを破った時間帯で勝負するのも、有効な手段となるかもしれません。

港湾でのシ-バス釣りポイント

港湾でのシーバスが釣れる主なポイントは、まず、昼夜を問わず岸壁の足元の壁を
平行に探ることです。

正確にキャスティングができなくとも、足元を探ることで釣ることができます。

また、浮き物と呼ばれる台船や係留船の下は、シーバスが群れで集まりやすい
ポイントとなり、特に春のバチ抜け(水面を浮遊すること)シーズンには
群を抜いて釣れる場所となります。

夜間に、橋や岸壁付近に設置された常夜灯の明かりと、明かりが作り出す影を
明暗部と呼び、光の下にはベイトが集まるため、それを求めてシーバスも溜まる
好ポイントになります。

橋脚付近も明暗部を形づくるとともに、縦方向に伸びるストラクチャーとして
ポイントとなり、橋脚周辺の流れの変化もシーバスがつく条件の一つとなります。

また、目に見えるポイントの多くは他のアングラーに攻められている場合が多いですが
沈み根や、回遊するシーバスが付く潮目付近は見落とされがちなポイントです。

また、シーバスがベイトを追い込む水深50センチほどのシャローと呼ばれる浅場も
港湾部では敬遠されがちですが、意外な穴場となります。

排水が流れ込む排水口付近にはボラが溜まるため、ここもシーバスが付くポイント
となります。

橋下の明暗部のシーバスポイント

港湾のシーバスポイントで、最も安定した釣果を期待できるのが、明暗部です。

ここをきちんと攻略することができるようになれば、シーバスを釣るのに
苦労をすることはありません。

明暗部の攻略は港湾ゲームの王道と言っても過言ではありません。

運河や水路の多い都市部では、数多くの橋があり、それらのほとんどが
明暗部のポイントとなります。

もっともよく知られているポイントになるだけに、シーズン中は他のアングラーで
ポイントが先取りされていたり、当然シーバスもプレッシャーがかかり、
スレている可能性が高くなります。

明暗部を攻略するためのポイントは、やはり明暗の境目といえます。

まず上流の明るい側から暗い側へと歩いてみて、境目を探します。

シーバスは上流に頭を向けて、明暗部分の影の側にいて、境目の線上に鼻先を
くっつけています。

暗い側へ身を隠し、明るい側の獲物を常に狙っているわけです。

橋下の流れは均一ではないので、流れの強弱や水深によって、シーバスは居心地のいい
ところに固まることになります。

流れが早いと潮目付近や岸際に、流れが緩ければ、流れの中央付近に定位しています。

また、常夜灯の真下では明るさが強くなるため、明暗の差がはっきりと出て、
より好ポイントになります。

厳しい状況になるほど、明暗の境目ピッタリを引かないと釣れないということになり、
ルアーも光と影の境目を通さなければならなくなります。

そしてこの時、ルアーはシーバスの鼻先を通るようにしなければならないということに
なり、とてもデリケートなリトリーブコースを要求されることとなります。

そこで、シーバスが捕食してくるであろう場所でルアーを上流側にターンさせることで
バイトに持ち込む方法が一般的になります。

ルアーの軌跡はU字を描くことになり、流れを受けたルアーは急激に水流を受けて
上昇軌道をとります。

シーバスはベイトを水面に追い込む習性があり、このルアーの動きにつられたシーバスは

反射的にバイトしてしまうことになります。

魚の群れの入り方や活性、ベイトの種類によっては光の中でもアタリがある場合が
ありますし、逆に橋下の奥の方の暗い部分でしか食ってこないシーバスもいます。

また、下流側の明暗部分や支柱の影などにシーバスがぴったりと付いている場合が
ありますので、結果に繋げられるよう、よく観察しましょう。

バチ抜けとは?

バチ抜けとは、ゴカイやイソメなどの多毛類が産卵のために川底の泥地などから
這い出て、水面を浮遊することで、2月の大潮前後が大量発生の時期となります。

産卵によって体力を落としたシーバスにとっては、魚よりも簡単で確実に捕食できる
貴重な栄養源となります。

バチは、水面直下で身をくねらせながら流れます。

この動きをシンキングペンシルで再現し、シーバスにアプローチします。

バチは上流から流されてきますが、流れの中心よりも水のよれているところや、
岸伝いを流れる傾向にあります。

そういった場所にある壁や、係留船、橋脚などにシーバスは身を寄せてバチを
待ち構えています。

シンキングペンシルを引く際には、基本的にポイントの斜め上流へと
キャスティングしてから、流れるバチを再現してリトリーブします。

リトリーブ速度は、流れよりもやや早く、ルアーの重みを感じながら
水面に泳ぐシンキングペンシルを目指できる程度の速さが良いでしょう。

時合いは、満潮に合わせてバチが干潟から水面に抜け出るので、
満潮から下げ直後が始まりです。

流れが利き始めると食いが出始め、その後、潮が引いて流れが緩くなると、
釣果も落ち出します。

沖堤防のシ-バスゲーム

港湾部でのシーバスゲームと人気を二分するのが沖堤防での釣りです。

ナイトゲームでストラクチャーや明暗部などをポイントとする港湾部での釣りとは
釣り方の異なる沖堤防の釣りは、デイゲームがメインとなります。

堤防以外に目立つ構造物は少なく、見たところ何も無い沖を狙うのが
一般的なスタイルです。

また、港湾部ではストラクチャーなどに居着きしているシーバスを狙うのに対し、
沖堤防では回遊するシーバスを狙うため、釣り方やスタイルが自然と異なってくる
こととなります。

港湾や河川と比べると、シーズン入りが早くなる沖堤では、
年末に産卵するシーバスは晩秋になると産卵場である湾口部へと移動します。

その後、春が近づくと湾の奥へともどっていきます。

そのシーバスの群れが最初にコンタクトする釣り場が、沖堤防ということになります。

沖を回遊するシーバスの移動には、カタクチイワシが大きく影響しています。

シーズンの初期にはアミとバチがシーバスのベイトとなっていますが、
干潟や河川の絡まない沖堤では、カタクチイワシがメインのベイトとなり、
アミやバチなどよりも先に捕食されているということになります。

シーバスの中には河川を遡上する個体や河口を回遊するものなど、
何パターンかの群れが存在します。

そのなかで汽水に固執せずにイワシの群れについて、海水域を回遊する群れが、
沖堤でのターゲットになります。

そのため、春の終わりに突然回遊を始めたり、真夏に釣れたりと、河川とは異なる
パターンの釣れ方をします。

河川の群れが抜けたあとにシーバスが立ち寄ったりする沖堤では
年内いっぱい釣れたりすることもあり、
産卵期以外はほぼ年中釣りが楽しめるのが沖堤防での釣りの特徴といえるでしょう。

ルアーについて(堤防でのシ-バスゲーム)

沖堤防では、引き抵抗の強いルアーや、コンパクトで比重の大きいルアーを使い、
ナイトゲームとは違いかなりのハイスピードで巻いたり、ロッドアクションを
加えたりといったことがあるので、使用するロッドはミディアムライト以上の
ものが望ましいといえます。

メインのラインはPEの1号前後で飛距離と沈む速度、水キレを優先して、
細い方が使い勝手はいいでしょう。

リーダーはフロロカーボンで、20ポンド前後、長さは50センチ程度、
デイゲームということを考慮して細さはメリットがありますが、
16ポンド以上がいいでしょう。

ルアーは、代表的なものがスピンテールです。

1オンス表記のものを用意し、ストレートリトリーブとリフト&フォールで使います。

ブレードやボディにアワビシートを貼るのも効果があります。

メタルジグは、沖に投げるのではなく岸際に落としこむ使い方がメインです。

シングルフックを上下に付けることで、ライントラブルや根掛かりを減らすことが
できます。

他のルアーでは届かない沖のボイルや青物の回遊にも使えます。

ポイント解説(堤防でのシ-バスゲーム)

沖堤防は一見、ただの平らなコンクリートが続く釣り場ですが、釣れる確率は
一定ではありません。

堤防の際や、切れ目、先端や曲がり角などの流れに変化のある場所では、
干潮で発生する流れが底の形状を変えたり、流れによれが出来たりと、
他の場所よりもシーバスが寄りやすくなります。

ただしこういった目で見てわかるポイントは人気の場所となり競争率も自ずと
高くなります。

長く続く沖堤防の場合、両端でどちらかの水深が深くなっています。

シーバスのいるタナを絞るという点で考えると浅い方が釣りやすいといえるでしょう。

また、砂地が多い堤防のなかで、岩やシモリ、テトラポッドなどの堤防の上からは
見えないストラクチャーが底にあれば、かなりの確率でシーバスがついているので、
堤防からの距離を把握して、正確に狙ってみることも大切でしょう。

沖堤防の攻略法(堤防でのシ-バスゲーム)

沖堤防の攻略法は大きく分けて、岸沿いに投げるか、沖に向かって投げるかの
2つに分けられます。

堤防の際には必ず居付きのシーバスがいて、岸際だけを専門に狙うアングラーもいます。

ただ、壁につくシーバス事態の数は少ないため、毎日攻められスレた状態に
なっているものが多いといえます。

それでも沖に回遊する魚影が見られない場合は、切り札となるので
執拗に攻めることも有効になります。

攻め方は岸壁ジギングをメインに、ミノーやバイブレーションプラグでの
トローリング、ワームを使ってストレートリトリーブやロッドアクションで
食わせる方法などで攻めます。

また、陽が暮れてからも釣りが出来る場所であれば、夜になると堤防際に寄ってくる
シーバスもいます。

堤防から沖に向かって投げる場合、狙いは回遊するシーバスになります。

ベイトの動きや潮位に合わせて回遊するため、常に群れがいるわけではないものの、
ポイントが合えば爆発的に釣果が得られます。

一日のうちに何度か時合いがあり、マヅメ時などや満潮からの下げなどの
一般的な時合いの他、ポイントごとの特性もあるので見極めが大切です。

流れと流れがぶつかる潮目なども回遊シーバスの溜まりやすい場所となります。

沖堤防のもっとも特徴的なところといえば、ポイントの水深が深いということです。

沖堤防の場合、設置される海域の特性上、標準で水深10~15メートル、
深いところだと20メートルを越える場合もあります。

水深が深いとそれだけ探るのも難しくなるということがいえます。

そこで、まず沖へフルキャストし、ボトムを取って、一定速度で巻くことで
ボトムから斜め上へと探ってくることができます。

シーバスは火によって浮いていることもあれば、沈んでいることもありますが、
ボトムを取ってから釣り始めることで、タナの把握が容易になります。

リトリーブ(堤防でのシ-バスゲーム)

リトリーブの方法は、着底させた瞬間にリールのベールを返し、リトリーブを開始します。

ルアーがフォールしている間にルアーを追っているシーバスがいるため、
ボトムにルアーを置く時間を可能な限り短くしないとチャンスを減らすこととなります。

ベイトフィッシュを捕食するデイゲームのシーバスには、
それに合わせた早めのリトリーブ速度がマッチしやすいということになります。

一秒ごと回転を目安に、その日の適性速度を探ってみるといいでしょう。

一般に、低水温の冬期は遅く、夏季は早くがセオリーです。

時には、ルアー回収中に用いるような速さでなければ反応しないようなときもあります。

一般的には、釣れない場合メタルバイブレーションとルアーを交換することが
多いですが、スピンテールは小型のブレードに交換することで早巻き対応に
チューニングすることができます。

河口堤防の攻略法(堤防でのシ-バスゲーム)

全国にある無数の河川には河口に堤防が隣接している場合が少なくありません。

こういった河口にある長い堤防と沖堤防は、攻略法が共通しています。

底質が砂地であり、堤防以外に目立った構造物もなく、デイゲームの人気が高い
というところで、メインベイトがイワシであることが多いというところです。

攻略法は、沖堤防での沖の攻め方をそのまま当てはめればよいでしょう。

ただし、流量が多く、流れが速い河川では40~60グラムの
バイブレーションやジグを使うことになります。

タックルはその分、ミディアムヘヴィなどのロッドを用意するのがよいでしょう。

沖堤防より河川の水温に影響をうけるため、東北などの雪代が流れ込む地域では、
シーズンが5月後半にずれ込むところもあります。

沖の攻め方(堤防でのシ-バスゲーム)

沖を攻める場合、基本的にはスピンテールを使用します。

ボイルやベイトが目視で確認できなければ、上から探るより下からタナを上げる
方がいいということになります。

その場合、ルアーが着水後、ベールを返さずにフリーフォールで落とさないと
ルアーが手前に寄ってきてしまうので、注意しましょう。

ブレードがゆっくり安定して回転する低速度で巻くのが一般的な攻め方ですが、
アタリがない場合には、速巻きとリフト&フォールを試してみるとよいでしょう。

リフト&フォールにしても、どのくらいリフトするのか、フォールは
フリーかカーブかで差が出ます。

スピンテールで反応がない場合はメタルバイブレーションの出番です。

スナップを装着するパターンを変えてみて抵抗を変えてみましょう。

アクションを変化させてシーバスへのアピールを研究してみましょう。

岸壁の攻め方(堤防でのシ-バスゲーム)

岸壁の岸際にいるシーバスは、壁についている居着きなので、スレて
ルアーを見飽きています。

こういったシーバスはルアーをゆっくり見せても、余程のことがない限り
口を使いません。

スレたシーバスに最も効果がある攻略法が、岸壁ジギングです。

ジグをフリーフォールさせることで、ジグが1メートル幅ほどで高速で複雑な
ダートアクションをして、シーバスの目の前にくると反射的に口を使ってしまう
というわけです。

こういったリアクションバイトは通常のエサを捕食するためのバイトとは異なり、
あっという間に異物を感じて吐き出してしまいます。

そのため、ラインにはほとんどアタリが出ないということになり、
ごく僅かなアタリを取るためには、ベイトタックルが必要になります。

キャストで攻略したいというアングラーは、ジャークベイトか、ワームがいいでしょう。